HOME通信販売の歴史

取扱商品、支払方法も進化し続ける

世界での通信販売はアメリカで19世紀後半に、鉄道網、郵便網が発達し、地方の農民たちを対象としたカタログ販売が始まったと言われています。

19世紀末期にはシアーズなどのカタログ販売小売業者も設立され、今日の通信販売の基礎みたいなものが出来上がりました。

日本では、津田仙という人が、1976年に農学雑誌という雑誌からアメリカ産のトウコモコシの種を通信販売したのが、走りになりました。そうした歴史の中次に百貨店業界が通信販売に参入し、1960年代にカタログを使った通信販売へ、1970年代にテレビショッピングやラジオショッピングを用いた通信販売が始まり、1980年代に女性の社会進出の拡大や、宅配サービス業が広まり通信業界はさらなる大きな発展をしていきました。

1990年代にはパソコン・インターネットの普及が広まり、さらに大きく発展し世間に定着するようになりました。

今では通信販売は当たり前で、食品から家電・大型家具・衣類・アクセサリーとなんでもそろうようになり、通信販売の方が便利で使いやすいものも増えてきました。

支払方法も沢山あり、先払い・後払い・カード払いなど選択できるようになり、どんどん便利に進化を続けています。